2013年9月30日月曜日

ゲーム会記録5

久しぶりにたっぷりゲームしたので記録を。

2013年9月28日土曜日

ボードゲームとBGM―暮らしの音楽

ボードゲームとBGM―暮らしの音楽
ボードゲーム遊ぶときにBGMつけると楽しいです。
家や個室で遊ぶ時じゃないとできないけれど、
ゲームの雰囲気により深く入り込むことができちゃいます。
特にテーマ性が強いゲームほど、
音楽との相性が良いような気がするのです。
もちろん自己満足ですし、理解のある人とのみ音楽を流すようにしているのですが。

テーマとシステムの合致性に重きを置いている人は一回試してみると面白いと思います!

そこでふと思い出したのが、一時期無印良品で売っていた店内BGM集。
落ち着いた店内での買い物の邪魔にならないような心地よさを確保しつつも、
個性豊かでしっかりと雰囲気を構築できる、素敵な曲ばかりが収められています。
ボードゲームを遊ぶのに丁度良い加減の音楽達でかなりのお気に入り。

最近"暮らしの音楽"というタイトルで再販され始めたみたいなので、
ここではCDに合うゲームと一緒に紹介してみたいなぁと思います。
試聴しながらボードゲーム記事を読むのも良いかもしれません。

こういうBGM系は少し前のCDが多かったり、マイナージャンルであるためAmazon Prime Music などの聴き放題サービスに入っていることも多いです。

2013年9月27日金曜日

クワークル/Qwirkle


クワークル/Qwirkle

クワークル/Qwirkle

プレイ人数:2-4人
プレイ時間:45分程度


2人で楽しめる, パズル要素あり, 目で楽しめる,

見た目鮮やかなタイルを繋げて新感覚なパズルゲームを味わおう!





2013年9月26日木曜日

Yspahan/イスファハン


Yspahan/イスファハン

Yspahan/イスファハン

プレイ人数:3-4人
プレイ時間:60分程度


ボードゲームに少し慣れた人へ, ダイスゲーム,


政治・交通・文化の中心であるイスファハン、
キャラバンによって

2013年9月23日月曜日

傭兵隊長【感想のみ】


傭兵隊長

傭兵隊長【感想のみ】

プレイ人数:2-6人
プレイ時間:45分程度

中世イタリアにおける小国同士の長い長い戦い。
季節や英雄を味方につけて、群雄割拠の時代を乗り越えましょう。

2013年9月22日日曜日

ケルト/Keltis


ケルト/Keltis

ケルト/Keltis

プレイ人数:2-4人
プレイ時間:30分程度


2人で楽しめる, おしゃれ, 初めて遊ぶのにおすすめ,


古より様々な美を生み出してきたケルト民族。
刻まれたルーン文字に願いをこめる運命のボードゲーム。

2013年9月15日日曜日

人狼系ゲームまとめ

人狼系ゲームまとめ

2013年、世間では人狼ブームと云われるものが起こっています。

通称"人狼"とは、
全員が自分の正体を隠して遊ぶタイプのゲーム。

スタンダードなルールでは、
村の中に人の姿をして隠れている人狼を、
村人が全員食われてしまう前に、見つけ出して処刑しようというもの。

村人側は人狼が誰なのかを探り、投票で処刑を行っていきます。
一方で人狼側は、他のプレイヤーに悟られないようにしながら
最後まで生き残ることが勝利となります。

正体をばれないようにする、嘘を付いたり騙し合いをしたりする
などの非日常的な体験が魅力的なゲームで、
最近ではテレビで人狼をテーマにした番組が放送されたり、
人狼ゲーム専用のスペースが渋谷にオープンされるなど、
ゲーム好きだけでなく、一般の層にまで浸透し始めていると言えるでしょう。

このボードゲームガーデンでも、
しばらくワンナイト人狼の記事をが人気ページ1位をキープしていました

そこでここでは数多くある人狼系ゲームの中で、
代表的な作品をまとめてみたいと思います。
おおまかな参考程度にお読みください。


2013年9月13日金曜日

マメじゃないよ/Nicht die Bohne


マメじゃないよ/Nicht die Bohne

マメじゃないよ/Nicht die Bohne

プレイ人数:3-6人
プレイ時間:20分程度


カードゲーム,多人数おすすめ, 旅行用に,


豆。

放課後さいころ倶楽部を読んで。

放課後さいころ倶楽部を読んで。
放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
中道 裕大

小学館 2013-09-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools


かねてから話題となっていた放課後さいころ倶楽部、1巻が発売されました。


春の京都―――――
見知らぬ街に引っ越してきた女子高生の綾。
彼女とはじめて友達になったのは、
引っ込み思案な同級生の美姫。
ある日の放課後、委員長の翠の後をこっそりつけて綾たちが訪れたのは、
アナログゲーム専門店、その名も「さいころ倶楽部」!!


ボードゲーム+のんびり といった雰囲気の作品。
メインとなるストーリーは特に無く、
登場人物周りの小さなイベントがボードゲームと結びついて話が進んでいくような展開。

普通に読んでたらまったーり読めそうですが、
登場してくるボードゲームや作者は全て実名で、アートワークなども完全に再現されているので、
読んでる間はかなり興奮しっぱなしでした。

漫画にハゲタカのえじきの作者、アレックス・ランドルフの話とかが載っているとなんだか不思議な感じ。

しかしこれはさりげなく友達とかに読ませて、
ボードゲームがどんな感じか知ってもらうのに良いかもしれません。


この1巻では
「マラケシュ(ズライカ)」
「ごきぶりポーカー」
「ねことねずみの大レース」
「ハゲタカのえじき」
「ミラーズホロウの人狼」

の5つの作品にスポットが当たっていました。

これから先、自分の好きなゲームが登場してくるかもしれないと考えるとわくわくが止まらないです。
また、背景やセリフでのさり気なく登場しているゲームにこれからも注目です。








2013年9月4日水曜日

ベッポ/Beppo der Bock


ベッポ/Beppo der Bock

ベッポ/Beppo der Bock

プレイ人数:2-4人
プレイ時間:20分程度


2人で楽しめる, すぐ終わる, ボードゲームが苦手な人にもおすすめ, 物理要素あり, 目で楽しめる,


心優しいヤギのベッポは今、パチンコで狙われて怒り狂っています。
ヤギのベッポから逃げて、いち早くお家へ帰りましょう!

2013年9月1日日曜日

すきもの


ブルッヘ/Bruges

すきもの

プレイ人数:2-6人
プレイ時間:30分程度


おしゃれ, 物理要素あり, 2人で楽しめる,


古今東西、様々な茶器を探しに日本全国をめぐりましょう。
アクション要素ありの一風変わったボードゲームです。